管理職向け

管理職を対象に、マネジメントに求められる考え方や能力のポイントを理解することができます。

よくある悩みの声

・新しく管理職についたが、会社から求められている自分の役割を理解できていない・・・
・現場と経営の間に立ったとき、何を優先して動けばよいか分からなくなる時がある・・・
・今後、組織や部下をどのようにマネジメントしたらよいか自信がない・・・

このテーマの特徴

組織をマネジメントするためには、ビジョンや目標を明示し、経営層や他部門と連携する結節点として、組織目標を達成させるための様々な能力が必要となります。ただ、その上位概念がないまま、日々の業務にあたらざるを得ないケースも多いかと思います。エンカレッジでは、管理職に求められる役割や考え方を整理するための講座を、多数ご用意しています。

<おすすめ講座のご紹介>

□管理職に求められるリーダーシップ ~自己理解~
□幹部社員に求められるスタンス ~経営判断に不可欠な現場情報の伝達~
□組織目標達成に必要なスタンス ~明確なビジョンと目標達成への推進力~
□個別ノウハウを標準化するヒント ~デキる部下のみに依存しない仕組みづくり~
□管理職のためのメンタルヘルス対策
など

  • ※講座名・講座内容は、変更となる場合がございます。

受講者の声

①『個別ノウハウを標準化するヒント ~デキる部下のみに依存しない仕組みづくり~』を受講:F社Uさん

職場では個々人がそれぞれ固有の業務を担当しており、ただちに個別ノウハウを標準化して、シェアする必要性は薄いかもしれない。ただ、自分自身のノウハウの棚卸や特殊性に気づくために本日の講座内容に基づいて検討することは有意義だと思う。ハイパフォーマーがマニュアルを作成するのではなく、実践者が作成すべきという考え方は非常に参考になった。

②『幹部社員に求められるスタンス ~経営判断に不可欠な現場情報の伝達~』を受講:Y社Nさん

管理職を務めているので、今回のセミナー内容は、部下からの報告・相談・意見を素早く能動的に発信していくという、決定権者である役員の思考力や判断力を高める「意志決定支援力」が自分には必要だということを痛感させられた。

このページの先頭に戻る