OJT指導

新卒・中途入社者の指導・育成担当者を対象に、OJT指導に求められるポイントを学ぶことができます。

よくある悩みの声

・OJT経験が少ない社員が多く、目的や指導内容、指導方法が分からない・・・。
・現場で指導する社員によって、指導内容にバラつきがある・・・。
・指導が業務の説明になってしまっており、後輩・新入社員の成長に繋がる指導ができていない・・・。
・OJT指導にあたり、周囲のメンバーをどのように巻き込んで協力してもらえばよいかわからない・・・。

このテーマの特徴

OJTは、現場での実際の業務経験を通じて、後輩や新入社員の育成を図るための教育方法です。そのため、指導する側がOJTの目的や指導方法等を理解していない、指導側の教え方や能力にばらつきがあることで、後輩や新入社員の成長に差が出てしまう等の問題が発生します。エンカレッジでは、OJTを計画的に進める必要性を理解し、具体的な指導方法を学ぶことができる講座をご用意しています。

<おすすめ講座のご紹介>

□OJT指導1 ~指導内容と関わり方 編~
□OJT指導2 ~業務の整理と計画の立て方 編~

  • ※講座名・講座内容は、変更となる場合がございます。

受講者の声

①『OJT指導1 ~指導内容と関わり方 編~』を受講:N社Hさん

部下の成長は、上司・先輩で決まるのでうまく指導したい。部下に対して報・連・相しやすい状況づくりや、叱り方も人格を否定するのではなく事実を叱るようにしたい。教えることによりさらなる自身の成長につながるので、しっかりと取り組みたい。

②『OJT指導2 ~業務の整理と計画の立て方 編~』を受講:A社Yさん

「教える立場」として、二度学べる機会を持つことができてとてもいい経験になりました。振り返ると、後輩に対してただ教えているだけで、果たして自分のスキルアップになっているか?と思うと、きっとできていないと思います。改めて学べたもの、新たに覚えられたものをしっかりと後輩に伝えていけるようにします。

このページの先頭に戻る