Discover HR

Discover HR YouTube チャンネル

”売れる”営業・”辞める”営業
採用基準 事例大公開! ~後編~

目次

はじめに

 ー ”売れる”営業の特徴がわからない
 ー 人事としては採用したい人が、現場面接で不採用になる
 ー 営業経験者を採用したが、期待外れ/早期退職…

このようなお悩みはございませんか。 採用時の見極めが何よりのポイントです!
そこでエン・ジャパンの適性テストを活用した、売れる営業、辞める営業を見極めるための採用基準例をご紹介します。本日は後編「辞める営業編」をお届けします。



| 事例2|”辞める”営業を見極める

金融・保険業界/従業員規模100名~300名

課題
年間20名の意欲ある営業職を採用しているB社。
しかし、採用人数と同じくらいの離職が発生し、営業人員が増えず、事業拡大に苦戦…
そこで、意欲重視の勘と経験の採用活動から、データを用いた第三者目線の採用に挑戦。
STEP1|適性テストの結果から、定着者と離職者の違いを分析
STEP2|分析結果から、離職可能性の高い営業の傾向を発見

STEP3|定量で“不採用基準”を設定(当社適性テストより)
 □ 知的能力(地頭) ・・・ 4点以下(下位25%)
 □ キャリアタイプ指向性 ・・・ 私生活重視が60点以上
 □ ストレス耐性 ・・・ 仕事の負荷量が50点以下

離職可能性の高い営業を採用しない!営業の増員、育成コストの削減に貢献中。

いかがでしたでしょうか。
”辞める営業”つまり、離職可能性の高い方の特長は、企業によってさまざまです。だからこそ、自社の社員の傾向を定量的に捉え、採用要件に活かすことが効果的です。

後編の「辞める営業編」はここまで。前編「売れる営業編」も、ぜひご覧ください。


活躍できる人財を発見する。見極める。エン・ジャパンの適性テスト「3Eテスト」

適性テスト受検トライアル×3件分をご案内中!ぜひお試しください。

30年以上の実績と115万人以上の受検データを元に、書類や面接では見えづらい 「知的能力」「性格・価値観 」を見える化。短時間で受検ができるので、社内受検・分析も負担なく進められます。

採用基準づくりについて相談したいなど、お気軽にお問い合わせください。


関連サービスのご案内
(画像クリックでサイトへ移動します)

活躍する人財を発見する。見極める。
エン・ジャパンの適性テスト「3Eテスト」