Discover HR

Discover HR YouTube チャンネル

“最近の若者”Z世代とは?
定義・特徴・関わり方

言っていませんか?「最近の若者は・・・」

新入社員に対し、あまりの価値観の違いに驚きつい口から出てしまった・・・

そんな方もいるのではないでしょうか。
とある文献によれば、2000年前古代エジプト時代からずっと使われてきフレーズなんだとか。いつの時代も共通なんですね。

考えてみれば、自分たちが育ってきた環境と異なる環境で育ってきていれば違う思考・異なる価値観であるのは当り前。

とは言え、今の若手である “Z世代“ はその育ってきた環境がガラリと変わっています。
ということで、本日はZ世代の特徴と関わり方についてご紹介します。

目次

  • Z世代とは?
  • 特徴(育った環境)を知る
  • 関わり方を考える
  • 最後に

Z世代とは?

アメリカ流の世代名称で、以下の年代をさします。

  • 時期:1960年~1974年生まれ
  • 別名:デジタルイミグラント
  • スマホデビュー:
  • 時期:1975年~1990年代前半生まれ
  • 別名: デジタルネイティブ
  • スマホデビュー:Y世代前期=25.5歳/後期=18.7歳
  • 時期:1990年代後半~2000年生まれ                 (日本流世代名称「ゆとり世代」の中に含まれる)
  • 別名:ソーシャルネイティブ
  • スマホデビュー:15.1歳

特徴(育った環境)を知る

  • コト消費 経験に価値を感じる(モノを所有することに重きを置いていない)
  • 匿名でのクローズドな場での発言に積極的(実名/オープンな発言に慣れていない)
  • 自由、合理的、許容(強制、不条理、我慢の経験が少ない)
  • 自分に合ったものをリコメンドされる(自分で選択する体験が少ない)

関わり方を考える

入社してすぐは、仕事という正解がなく不確実な環境に「これで良い」という自信が持てず不安を感じやすい時期。そのためちょっとした一歩を踏み出せずにいます。
また、育った環境からも、より「心理的安全性」が求められると言われています。

 否定せず受け止める

こんなことを言ったら(やったら)「叱られるのではないか」という恐怖心を取り除き、一緒に考えてくれるという安心感、信頼感を持たせることができます。

 教えるではなく「問う」

自分で考え、納得することが次の行動に繋がります。気づきを与えるためには教えるのではなく、考えるキッカケをつくることが大事です。

 みんなで育てる

上司・育成担当だけに任せず、全員で関わっていくことで学びを得る機会も増えます。また、斜めの関係がたくさんあることで、相談できる人も増えます。

最後に

Z世代の特徴をお伝えしてきましたが、「Z世代ははこう。」と決めつけず、一人ひとりがどんな強み・弱みを持っているのか?モチベーションになることは何か?を知ることで、強みを発揮できる仕事を任せたり、効果的な関わり方を見出すことができます。
「個」を尊重・理解するスタンスが大事です。


関連セミナーのご案内

22shinsotsu-HROB.png

22年新卒を迎える前に知っておきたい!
イマドキ社員の離職を防ぐオンボーディング