社員の活躍・定着と企業の業績向上を支援する
人材育成・社員教育のことなら “エンカレッジ”

エンカレッジ独自の変革サイクルにより、
社員を「活躍人材」へと導きます。

特徴1選ぶ

社員が主体的に自分の成長のために受講するようになる。
『キャリアセレクタビリティ®研修』による動機づけ

キャリアセレクタビリティ研修例会社や組織に新しい取り組みを浸透・定着させるためには、スタート時の目的共有、動機づけが欠かせません。エンカレッジでは、受講対象者全員に『キャリアセレクタビリティ®研修』を実施します。

研修では、キャリアセレクタビリティ®のセルフチェックテストやグループワークを通じて個人の強み・弱みを可視化します。その結果をふまえ行動計画、受講計画を作成することで、前向きに講座の受講に移ることができます。

本研修の実施を通じて、従来の教育では疎かにされてきた研修前後(事前診断・準備/研修後フォロー)の取り組みを充実させ、社員の行動変革を引き起こしやすくします。

キャリアセレクタビリティ®とは

キャリアセレクタビリティ®=キャリア自己選択力®

「プロとしていかなる環境や境遇に置かれても、どこでも活躍できる人材」の考え方・能力について、エン・ジャパンが独自にを定義したもの。

特徴2選ぶ

自己成長・キャリア開発のために必要なスキルが最短で身につく。
若手社員から管理職・経営者まで幅広い階層にあわせた120種類以上の講座

講座ラインナップ企業・組織が一人ひとり求められる状態に向けて成長するためには、必要となる能力やスキルを身につけるための講座を選んで受講する必要があります。

エンカレッジでは新入社員、若手社員から管理職、経営者まで、幅広い階層やマインド・スキルの種類に応じた120種類以上の多様な講座ラインナップを用意。

エンカレッジの講座は「キャリアセレクタビリティ®」の項目に紐付けて設計しているため、個々の行動変革のために必要な講座を選択できます。これまで10万人以上が受講し、満足度93%という高い満足度をいただいています。

階層に合わせた120種類以上の講座

若手向け講座

  • 社会人の基本行動
  • 若手社員に必要な仕事観
  • 目標を必ず達成する人の考え方
  • 主体的に変革するための『はじめの一歩』
  • 仕事の楽しみ方
  • 他者の上手な活用方法
  • 仕事の段取り・組み立て方
  • タイムマネジメント

管理職向け講座

  • OJT指導
  • 部下との信頼関係づくり
  • ビジネスコミュニケーション
  • 部下に対する指摘力
  • 部下のほめ方・叱り方
  • 驚くほどにグングン伸びる部下育成術

役員向け講座

  • 人事評価の心得
  • 人事評価面談の進め方
  • コンプライアンスの基本
  • 幹部社員に求められるスタンス
  • 組織目標達成に必要なスタンス
  • 個別ノウハウを標準化するヒント
  • 新規事業の作りかた
  • 経営幹部のための経営戦略
  • 理念の浸透と管理職の役割
特徴3受ける

理解が深まり、視点が高まり、考え方が広がる。
「通学型+オンライン」希望の学び方にあわせた2種類の受講スタイル

エンカレッジでは、通学型講座とオンライン講座の2種類の受講スタイルを用意しています。
通学型講座は、映像やライブ配信を通じて、均一なクオリティで受講することができます。意見交換・演習・ロールプレイングなどを交えながら進行するので、様々な業界・職種の方々と交流が持つことができ、多くの刺激を得られます。
オンライン講座は、時間的な制約や、全国に事業所などがある企業においても学びの機会創出を実現することができます。


通学での受講スタイル

講義+意見交換・演習で
学びを深める

エンカレッジの通学型講座は一方的に講義を行うものではありません。講座の内容を踏まえ、ファシリテーターの進行のもと、参加者同士での意見交換や、演習やロールプレイングを行い、ただ受講する時よりも視点を高め、考え方を広げながら受講していただけます。


通学での受講スタイル

1講座90分。
必要な内容に集中して学べる。

通学型講座は1講座90分。仕事で求められる能力やスキルを身につけるために必要な内容に絞ってお伝えしています。夜間や土曜日も開催していますので、仕事帰りや休日のスキルアップにご活用いただけます。


オンラインでの受講スタイル

必要な時に、必要な講座を、
何度でも受講できる。

エンカレッジのオンライン講座「エンカレッジオンライン」は、PC・スマートホン・タブレットなど、幅広い端末で受講可能。いつでも、どこでも、必要な講座を何度でも、繰り返し受講できます。

特徴4受ける

学んだ内容をすぐに業務に活かし、成果を生み出せるようになる。
人と組織の変化を促す『KAIZENシート』

講座で学んだ内容をどのように仕事に活かし、成果を上げていくか。
社員教育の効果を上げるためには、受講後の行動計画と実践が必要です。

エンカレッジの講座は、受講後に『KAIZENシート』を記入する時間も含めて構成されています。KAIZENシートには「1.自己改善のための行動計画、2.組織・会社への改善アイデア」を記入し、受講者と組織の改善行動を促します。

<会員企業の声(KAIZENシート)>

KAIZENシート:IT・ソフトウェア関連
IT・ソフトウェア関連

N株式会社 人事部 H様

KAIZENシートにより、受講者が何を学び何を考えたのかを上司や人事担当者が知ることができる仕組みが助かります。その場で書かせるので、提出もスムーズなところが良いと思います。

KAIZENシート:建設・不動産関連
建設・不動産関連

株式会社G 人事総務部 I様

「学んだことを仕事でどう活かすか」というのが最初は難しかったが、何回か受講してKAIZENシートを書くうちに「自分はどう思うか?仕事でどうするか?」と置き換えながら講義を聞くくせがついてきた。

KAIZENシート:人材サービス関連
人材サービス関連

株式会社E 営業部 Y様

KAIZENシートを上司に提出して振り返りをしていますが、学んできたことを報告するだけではなく、仕事でどう活かすのか上司も一緒に考えてくださるので、実践に繋げやすいです。

特徴5変わる

組織や社員の「変わる」を促進
エンカレッジの活用状況にあわせた『KAIZENサポート』

エンカレッジでは、導入後も適切なサポートをご提供。講座の受講ルールの策定支援や受講する講座のカリキュラム作成支援、KAIZENシートの書き方のサポート、KAIZENシートに記入された組織会社への改善アイデアの実行支援など、エンカレッジのご利用状況に合わせたサポートメニューをご提供。社員が受講した内容を活用して成果を上げ、組織全体が変わっていくのを促進します。

<サポートメニューの一例>

サポートメニュー:エンカレッジ受講ルール策定支援
エンカレッジ受講ルール
策定支援

エンカレッジの受講スケジュールや受講する講座カリキュラムなどの作成・運用を支援し、受講者の活用を促進します。

支援事例

受講が進んでなかった企業に対し、役職ごとに受講する講座を指定し、年4回の受講ルールを策定し運用。受講数が増えるともに受講者のスキルアップを支援しました。

サポートメニュー:KAIZENシート書き方サポート
『KAIZENシート』
書き方サポート

より実践しやすい行動計画や組織・会社への改善につながるアイデアが書けるようになるためのサポートをします。

支援事例

KAIZENシートの記入内容が少なく、改善アイデアがあまり出なかった企業でしたが、サポートが具体的な行動計画が記入され、組織の改善につながるアイデアも多く記入されるようになりました。

サポートメニュー:組織・会社への改善アイデア実行支援
組織・会社への
改善アイデアの実行支援

KAIZENシートに記入された組織・企業の改善アイデアに実際に取り組んで行くための実行支援を行います。

支援事例

受講者から多くの組織改善アイデアが出ていたが、経営者に届いていなかった企業。改善アイデアの中から実行難易度が比較的容易で効果が高いものを集約して提供した所、経営者が即実行を指示。組織全体にアイデアを集めて検討、実行する風土が生まれました。

特徴6変わる

本人の成長と組織の変化を実感し、さらなる成長を促す。
行動変革の好循環をつくるサービス構成

エンカレッジ受講がスタートしてから約半年後を目安にキャリアセレクタビリティ®のセルフチェックテスト&グループワークを再度実施。半年間の振り返りと次の半年間の行動計画・受講計画を作成することで、半年間での成長や組織全体の変化を実感できます。そして自己理解を深め、本人のさらなる行動変革を促進します。

<関連サービス>組織活力診断 エン仕事満足度サーベイ

人や組織の活性度合い(満足度)を計り、考えるべき組織課題を明確化します。
定期実施することで組織の現状や変化をつかむことができます。

※別途費用がかかります。

 

エンカレッジ導入・活用事例

電気系部品メーカーの活用事例

電気系部品メーカー

受講内容を活かして業務改善
売上が前年比180%達成!

社員の成長のためエンカレッジを導入。講座で学んだ内容をもとに社員自ら組織課題を整理。「生産工程の平準化」と「効率的な人員採用」という取り組みが生まれ、なんと前年の月間売上の180%を達成するという圧倒的成果につながりました。

携帯ゲーム制作会社の活用事例

携帯ゲーム制作会社

導入からわずか半年で
約150万円のコスト削減!

経営陣が現場に目が届いてない組織風土を改善するために導入。新作ゲームをリリースするごとに操作方法など月200件の問い合わせが来ていた状況を、講座で学んだ内容を活かし、リリース前の事前準備や問い合わせ対応フローを改善。問い合わせ数を70%削減させ、約150万円のコスト削減につながりました。

システムコンサルティング会社の活用事例

システムコンサルティング会社

定着率が50%→90%に改善
売上見込も8400万円UP!

入社後の教育体系が整っておらず、新卒の3年以内の定着率が50%であった。定着率改善のためエンカレッジを導入。受講後のKAIZENシートを上長や社長も確認し、フィードバックする仕組みを設けて運用。新卒社員の定着率が90%にまで改善し、採用コストの改善に加え、売上見込も加えると約8400万円分の効果が得られました。

ソフトウェア受託開発会社の活用事例

ソフトウェア受託開発

社員の成長スピードが加速し
年間1000万円のコスト削減!

教育体制がOJTによる能力開発が中心で個々の能力に大きなバラツキがあった。エンカレッジを導入し、学んだことを活かす仕組みを整え、人事評価とも連動させることで社員が主体的に講座を受講するようになった。その結果、1人1人のパフォーマンスが向上し売上16%アップ、利益率2.2%アップ、年間1000万円のコスト削減と大きな成果を生み出しました。

映像・音響の制作・編集会社の活用事例

映像・音響の制作・編集会社

社内会議の効率化を実現させ
600万円以上コスト削減!

社内の生産性向上、業務効率向上を目的としてエンカレッジを導入。ファシリテーション技法の講座で学んだ内容を社内会議に活用し、会議時間の14%を短縮させることに成功。会議を効率化させたことで一人あたり年間33時間の時間削減につながり、人件費換算で年間600万円相当のコスト削減を実現できました。

焼肉チェーン運営会社の活用事例

焼肉チェーン運営

内定者への魅力づけに活用し内定辞退率を70%→30%に!

店舗の拡大にあたり、店長候補の採用が課題であったが、内定後の辞退率が70%と非常に高かった。エンカレッジを導入することで、内定者に対して入社後に伸ばして欲しい要素をフィードバックするとともに、エンカレッジで受講して必要なスキルが身につけられることで魅力づけを実施。結果、内定辞退率が30%に改善され、採用コストの大幅な削減にもつながった。

エンカレッジは社員の活躍・定着と企業の業績向上を支援する
独自の機能を備えた人材活躍支援サービスです

企業の発展を担うのは、そこで働く人々です。
社員一人ひとりの定着・活躍の実現が、組織の活性化へとつながっていきます。
エンカレッジは講座内容を自らの日常業務に置き換えて改善行動を考え、
会社・組織への改善提案までを行う独自システムを備えた人材活躍支援サービスです。
社員が変化し成長することで、現場が変わり、会社が変わる。
その実感を、ぜひ『エンカレッジ』で。

まずは下記より資料請求をお申し込みください

エンカレッジの資料請求はこちらから