エンカレッジオンライン

エンカレッジ通信

研修を成功させる『4:2:4の法則』とは?

突然ですが、研修を成功させるうえで欠かせない『4:2:4の法則』をご存知でしょうか?
研修効果に影響を与える要素の割合を表しています。

研修で効果を出すには、研修そのものよりも、研修前の動機付けや、研修後の実践フォローの方が重要。
その割合が、『研修前:中:後=4:2:4 』ということです。

【研修前の取り組み例】
・参加者のニーズの把握
・事前課題の提供、参加への動機づけ
・上司の同意や期待(研修目的の共有、参加者への期待通知)

【研修後の取り組み例】
・上司への報告と支援依頼(実践機会や場の提供)
・振り返りの機会の提供(事後課題、上司からのフォローアップ)

この研修前後の取り組みをサポートするのが、『エンカレッジオンライン』です。
エンカレッジオンラインでは、
・動機づけと適切な講座選択をサポートする「エンカレッジ導入前研修」
・学んだ内容を行動計画に落とし込む「行動計画シート」
を準備しています。

社員の主体的な学習支援と行動変容のために、ぜひエンカレッジオンラインをご検討ください。