エンカレッジオンライン

エンカレッジ通信

モチベーション3.0                     

「モチベーション3.0」とは、アメリカのダニエル・ピンク氏が提唱した「動機づけ」に関する概念です。

生き残りたい、安心・安全に暮らしたいといった、生理的な欲求に基づく動機づけを1.0
成果を上げた時には報酬を与えるが成果を出せなかったら罰を与えるといった「アメとムチ」の考えに基づく動機づけを2.0
社員本人が自ら成長や組織への貢献などのために取り組むといった、本人の内面から湧き出るやる気に基づく動機を3.0
としています。

2.0の成果に対する報酬など外部から与えられる刺激でやる気を引き出すのを「外発的動機づけ」、
3.0の社員本人の内面にアプローチして自らやる気を湧き立たせるのを「内発的動機づけ」とも位置づけられています。

モチベーション3.0が持つ3つの特徴として、
いつ・誰と・どんな課題に対して・どのように取り組んで行くかを自らが決める「自主性」、
今の自分では達成できないが鍛錬によって必ず成し遂げられるようになると信じて鍛錬に取り組む「成長」、
自分の欲を満たすためでなく、会社や組織への貢献し社会的な利益を生みだす利他的な「目的」
があります。

社員の「自主性」を尊重して「成長」を促し、
「目的」を共有して実現に向けて支援することで社員を成長させ、
会社・組織への成果として貢献していくことができます。