エンカレッジオンライン

エンカレッジ通信

マネジメント層に求められる能力を表した「カッツ・モデル」  

willcanmust

「カッツ・モデル」とは、ハーバード大学のロバート・カッツ教授が提唱した
マネジメント層に求められる能力に関するモデルです。

カッツ・モデルでは、まずビジネススキルを以下の3つに分類しています。

・業務を遂行するために必要な能力の「テクニカルスキル」
・クライアントと交渉力やプレゼンテーション力など対人関係の能力の「ヒューマンスキル」
・知識や情報、経験などをもとに物事の本質を見極めて対応する能力「コンセプチュアルスキル」

また、マネジメントの階層を3つに分類すると、
それぞれの役職に応じて必要なビジネススキルの割合、重要度が変わるとしています。

ロワーマネジメントのうちはテクニカルスキルが求められますが、
階層が高くなるにつれコンセプチュアルスキルが重要になっていくとしています。
また、ヒューマンスキルはどの階層であっても求められるスキルであるとされています。

階層に応じて求められるスキルを身につけるために必要な講座を受講すること、
また上の階層に就くにあたって求められるスキルを身に付けていくことが重要です。